産後うつの症状に気付く|対策と治療の重要性

女の人

こんな症状に注意が必要

ウーマン

出産した女性であれば心配になってくるのが、産後うつになります。産後うつはマタニティーブルーのような一時的な症状ではなく、病気が長引く恐れがあります。産後うつが長引くと、育児にも支障が出てくるはずです。子どもの健やかな成長を望むからこそ、早い段階で医師に診断を下してもらって治療を進めていきましょう。マタニティーブルーは、自然に症状がなくなっていくことが特徴ですが、産後うつは治療の必要があるのです。まずは産後うつの特徴を知っていくことが重要です。産後うつの特徴は、一般的なうつ病と似ている症状が多くなります。やる気がなく、すべてのことにおいて意欲がわかない、眠れない、食べることができないといった症状です。そのほかの症状としては、お母さんとしての自覚が持てない、子供への愛情がない、子供の未来が不安、夫に対して興味がなくなるといったことが挙げられます。こうした症状が数週間続くようであれば、産後うつを疑うべきだといえるでしょう。また、精神的な症状だけではないことも報告されています。頭痛や、倦怠感といった肉体的に不調を感じる特徴が出る場合もあります。特に原因不明でこうした症状が改善されないのであれば、心療内科や精神科があるクリニックを受診してみることをおすすめします。産後うつは数ヶ月から長引くと数年に及んでしまうことがあります。また、育児が一段落しても産後うつが治らず、違ううつ病に移行してしまう可能性もあるでしょう。少しでも気になる点があれば、保健師さんやカウンセラーにまずは相談をしてみるということが有効です。また、もともとイライラしたり、気分が落ち込みやすい人は、育児に関するストレスをうまく発散することができない場合が多いと思います。そして、よそのお母さんや赤ちゃんと自分の家庭を比べて、より自己嫌悪に陥る場合があるというのです。100人いれば100通りの子育てがあります。子育てを完璧にすることは不可能だと認識して、気持ちをラクに持って生活することが大切になるでしょう。