産後うつの症状に気付く|対策と治療の重要性

女の人

治療の必要がある

女性

人生でも大きな喜びとなる妊娠と出産ですが、その影で産後うつやマタニティーブルーといった問題があることも忘れてはいけません。新しく家族が増えることは本当に幸せなことであるはずなのに、辛い思いを抱えて悩んでいるお母さんは少なくないのです。マタニティーブルーというのは、出産してから2週間後までには発症するといわれています。症状としては、理由もなく涙が突然こぼれたり、悲しい気持ちになることがあります。また、焦燥感や不安感によって、不眠になる場合もあります。さらに、将来に対して明るい展望が見れなくなり、悲観的になってしまう傾向もあります。ナーバスな状態になっているので、ちょっとした他人の言動に過剰に反応してしまうことも特徴としてあります。このように、うつの症状に似たような、とてもデリケートな状態が続いてしまうのです。しかし、こうしたマタニティーブルーの症状は、ホルモンバランスが大きく変化していることが原因になるので、短期的に改善されることがほとんどです。発症してから2週間程度で症状は収まってくるはずです。日常の中で自然と解放に向かっていくでしょう。しかし、産後うつは異なります。産後うつが発症するのは、赤ちゃんを産んでしばらくしてからになります。マタニティーブルーの時期を過ぎて発症することが多いでしょう。産後2週間から、3ヶ月程度の間に発症して、うつ状態になってしまうのです。赤ちゃんを育てることでストレスを感じて病気になってしまうことが多いといいます。産後うつの特徴としては、不安やイライラがコントロールできなくなることが挙げられます。また、食欲不振になったり、反対に暴飲暴食をしてしまうケースもあります。罪悪感でいっぱいになったり、やる気がまったく出なくなったりといった症状も現れます。この産後うつは時間が経過しても治るわけではありませんので、専門病院を受診する必要があるのです。