産後うつの症状に気付く|対策と治療の重要性

長引くその症状病院で検査しませんか

治療の必要がある

女性

大きなライフイベントとなる妊娠と出産ですが、なかには産後うつやマタニティーブルーに悩まされるケースもあります。症状を把握して、治療が必要な場合は速やかに受診をしましょう。

More Detail

周囲のサポートを活用する

女性

女性が出産後に産後うつになるケースは珍しくありませんが、病気を防ぐためには、周囲の協力が必要不可欠です。それでも発症してしまった場合は、早期の治療がとても大切になります。

More Detail

こんな症状に注意が必要

ウーマン

産後うつが長引くと、お母さんはもちろん子どもや家族にとっても辛い問題となります。病気のサインに注意しながら、少しでも病気を長引せないように早い段階で治療を進めていきましょう。

More Detail

病気を理解することが大切

男性医師

昔は少数派だった高齢出産ですが、社会環境の変化により今では多くの女性が高齢出産で初産を経験しています。しかし高齢出産は、産後うつにかかりやすい傾向があるというので認識をしておきたいところです。

More Detail

治療方法を選択する

ナース

産後うつでは、早期に適切な治療を進めているくのが重要です。カウンセリングや投薬治療がメインとなってきますが、医師と相談しながら最善の治療方法を選んでいきましょう。

More Detail

病気を正しく理解する

カウンセリング

うつ病と闘う患者さんの数は増加傾向にあります。そのなかでも産後うつを発症する患者さんの数が増えているのです。女性は出産すると、ホルモンバランスの乱れが大きく影響していきます。そして、育児をすることも、幸せな反面でストレスや過労に繋がる場合があります。この産後うつはとても深刻な病気ですが、まだまだ認知がされていない状況もあります。さまざまな症状から病気だと早期に認識して理解をすれば治療を始めることができますが、病気に気が付かずに事態が悪化してしまうこともあるのです。それは、お母さん自身だけではなく、お父さんやおじいちゃん、おばあちゃんなどの家族や、周囲の人がいかに早く気付いてあげられるかといったことも重要になってくるでしょう。そのため、産後うつという病気を正しく理解しておくことは、とても大切なことになるのです。

産後うつの症状としては、子どもを愛せないということから始まる場合があります。自分自身が産んだ子どもなので、子どもが可愛いのは当たり前というのが一般的な共通認識です。これは人間であれば当たり前の感情になるはずです。しかし、まれに子どもが可愛くない、愛せないというお母さんがいます。育児放棄をしてしまう深刻な場合もありますが、たいていのお母さんは、そうした子どもを愛せない自分自身を責めながらも、育児に向き合うといいます。お母さんとしての理想と現実のギャップの間でもがき苦しむのです。そんな中で次第にうつ状態になっていくといいます。周囲に本音を言えたり、さまざまなサポートが受けられる環境であれば、うつにまでは発展しないかもしれません。しかし、強いストレスを抱えたまま、育児を頑張ろうとするとうつになっていきます。愚痴を言ったりして、日頃からガス抜きをしていることで、病気を防げることもあります。しかし真面目でどんなことにも手を抜かず、周囲にSOSを発することができない性格のお母さんは、孤独にどんどん自分を追いこんでしまう傾向があります。本人もそうした性格を自覚して周囲に助けを求めるようにしたり、周囲もできるだけサポートを積極的にするようにしていきたいものです。産後うつを発症した場合は、すぐに専門クリニックを受診することが肝心ですが、病気を防ぐための対策を普段から取っておくことが大切になります。